アシナガバチ駆除をしよう|害虫を退治する

習性を知る

ハクビシン

害獣は人間に害を与える動物のことをいいます。害獣には色々な種類がいますが、その中にハクビシンといったものがいます。ハクビシンは、森に生息する動物なのですが、外敵から身を守れるということから、人間の住む民家に棲みつく被害が増えてきています。この害獣は、夜行性の動物なので夜になると天井裏から物音がするということも少なくありません。人間が寝て静まっている時に活動を行うので、物音で寝付けないという方も多くいるでしょう。そのため、自分でハクビシン駆除を行おうとしている方もいます。ですが、ハクビシン駆除は自分で勝手に行うことができません。自分でハクビシン駆除をするのであれば、市役所や振興センターなどで申請手続きをして、書類提出を行う必要があります。申請の書類には、被害状況や捕獲をする予定の数、いつ行うのか、なにを使うのかなど細かいことまで書かないといけませんし、被害写真も一緒に出さなくてはいけません。許可が下りるまでに約2週間から4週間かかってしまうため、ハクビシン駆除をするのであれば業者の方にやってもらった方が良いでしょう。

ハクビシン駆除をしてもらっても、また棲みついてしまう可能性があります。被害を繰り返さないためにも、対策をしておいた方が良いでしょう。自分で行えるハクビシン対策としては、屋根に上れるような木の枝を切っておきましょう。また、生ごみや庭にある木の実が落ちたら拾うようにしておくことで対策できます。